保険会社の対応


交通事故に遭い被害者になることは、肉体的にも精神的にもとても辛いものです。喪失感もあり、何もかもやる気が起きずに塞ぎがちになる場合もあります。しかし、この先のことについてしっかりと話し合いや、書類の処理などをしなければいけません。

車両に乗っていた加害者は、任意保険や自賠責保険に加入しているのが基本ですが、被害者側も保険に加入しているのであれば、保険会社を通して、加害者側との交渉を進めることができます。

この交渉では、慰謝料などを含む示談金について話し合われます。先に述べた、自賠責保険は、運転するドライバーであれば必ず加入しなければいけない保険です。強制力がありまる半面、補償については最低レベルになってしまいます。その保険を補うことが目的の任意保険に加入している方も多くいます。しかし、こちらの保証額も自賠責保険とさほどの違いはありません。ほんの少し増額されるくらいでしょう。

まずは、保険会社は加害者が加入している補償内容で慰謝料などの示談金を提示してきます。とても低い額なので驚かれる反面、この先の生活を考えるとこれでいいのかと怒りがこみ上げてくるかもしれません。示談交渉に持ち込むには忍耐力も必要になりますが、時間がかかっても納得のいくまで話し合うことが大切です。